小学校六年生のための漢字の書き順・筆順E


小学校六年生のための漢字の書き順・筆順E
穀 骨 困 砂 座 済 裁 策 冊 蚕

小学生の漢字の学習に役立つYou Tubeの動画を紹介します。

ユーチューブによる動画・ビデオ映像で視覚を利用して
児童の国語力アップや漢字検定(漢検)挑戦に役立ててくださいね。


楽しみながらやる気にさせる、視覚を使っての漢字学習
小学6年生で学ぶ181文字の漢字の
音読み、訓読み、部首、画数を目で学び勉強しましょう。


るんるんるんるん 日本の漢字についてのお勉強 るんるんるんるん



「音読み」と「訓読み」
 
日本においては、ひとつの漢字には多くの異なる発音があることが多い。
また、ある発音を持つ漢字が多数あることも珍しくない。

読み方は「音読み」と「訓読み」の2種類に大別される。

音読みは、中国語起源の読み方であり、呉音・漢音・唐音・慣用音がある。
呉音は、5-6世紀頃に伝わった漢字音である。

通説では、中国の六朝時代南部の呉地方から直接、
あるいは朝鮮半島を経由して日本に伝わったとされるが、
これを実証できる証拠はなく、実際には、仏典などにもとづく漢音以前の伝統的な読み方が、
時代・地域などを考慮されず、まとめて「呉音」とされてきた経緯がある。

漢音は、奈良時代から平安時代にかけて盛んに送られた遣唐使(主な渡航先は西北部の長安)
や留学僧が、唐の首都の長安で学んだ読み方を輸入した。

更に鎌倉時代から室町時代にかけて、
禅僧の留学や関連書の伝来、民間貿易により「唐音」と呼ばれる読み方が伝わった。

このうち最も体系的なのは漢音で『広韻』や『集韻』と対応関係が見られる。
慣用音は間違って定着したと分かったものなどを大正時代以降こう呼んでいる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


小学6年生のための漢字の書き順・筆順E

位置情報 穀 骨 困 砂 座 済 裁 策 冊 蚕

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このブログが役に立ったと思ったり、もっと色々なブログを見たいと思ったら
下にある”人気ブログランキング”のボタンをクリックしてみてくださいね(^¥^)
banner_04.gif


次項有
激安!250万人の漢字検定(漢検)

激安!Wii(ウィー)の漢字検定(漢検)

小学生6年生の学習漢字・漢字分類表

なつかしいTVのヒーロー達・懐かしのテレビヒーロー紹介ブログ



もっと色々見るなら忍者ブログへどうぞ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。